スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【Race】Exbition@Mugello
 MotoGP、そしてF1ではフェラーリのテストコースとして有名なMugelloでのレース。中高速コーナーがバランスよく配置されたサーキットだが、Staedtlerはいまいち得意でない…。

■ 結果
 予選        10th 1'50.707
 決勝        10th +1lap
 ※ベストラップ  12th 1'48.686


 
 予選では2コーナーのS字で飛び出してしまい1'50.707で10番手タイムとやや不本意な結果になってしまった。本来なら10番手スタートだが、上位につけていた01TAさんが残念な事にレース直前で落ちてしまったため繰り上がり9番手からスタート。
 
 珍しく好スタートで追突しないようスロットルをコントロールしながらポジションをキープ。8番手で1コーナーへ入っていく。

 
 クロスラインでポジションが9番手に、続くS字でHiro-GT1さんにサクッと行かれてしまい10番手にダウン。タイヤがあったまりきらないので無茶はしない。


 
 その後6番手まで浮上するもタイヤ選択を誤ったか温度が上がりすぎてグリップしない。5周目、3つ目の高速S字ではみ出してしまいスピードダウン。

 
 続くアラビアータでスピードがのらず、無用の接触を避けるためfocusさんに進路を譲り7番手に。

 
 しかしその直後コントロールを失ってスピン。大きくポジションを落とす事になる。完全にタイヤ沸騰orz


 
 もう一度サンドラップの深くまで突っ込むコースオフの後、後続の集団に突っつかれる事になる。しかしタイヤが沸いているのでグリップせず、1分50秒台キープがやっとの苦しい展開。

 
 まずはHitMさんに追い掛け回される。必死に逃げるものの「遅いぞ!」と激励を頂いた(接触はNPです)。

 
 ベタな展開であるがこらえ切れずにサンドトラップへ一直線。これで集団の後方へと回る事になる。


 
 予定通り15周でピットイン、13番手でコースへと復帰していく。ピットは誰ともかぶる事がなく一安心だが、エアロパーツの修理にやや時間がかかり36秒と長めのストップ。


 
 前のマシンと約7秒ギャップを少しでも縮めるためにプッシュ開始、2番手走行中のumedaさんにラップダウンながらくっついて行く。

 
 コースオフw


 
 ここでZINTEIさんにパスされたので「絶対抜き返してやる!」とばかりハードプッシュ&必殺ライトオンw

 
 様式美w
 絶対無理が出るとわかっててもついプッシュしたくなるのは人情だろうが、いったい今日何回目だろうか。


 
 結果としてその後2台のマシンをパスし10番手フィニッシュで、スタートしたポジションよりも低い位置での完走となった。やはりレース中のミスを減らす事が重要である。


 
 では、月曜日のAnderstorpで。MAYOOOOOON!!
スポンサーサイト
【2006/01/08 00:51】 | GTR Races | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【Race】Anderstorp Day1 | ホーム | 【Race】Hitchin>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://staedtler925.blog37.fc2.com/tb.php/10-4ad5d177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。